7月からついに始まった楽天と「FCバルセロナ」のパートナーシップ!開始を記念し、トップスター選手たちが二子玉川にある楽天本社「クリムゾンハウス」を訪れました!メッシ、ピケ、ネイマール、トゥラン。サッカー界のスーパースターたちの登場に、社内は歓声と熱気にあふれました。

Welcome to Rakuten!!!

選手たちがロビーに入ると、新卒社員を中心に約300人の社員たちが歓声とバルサ・チャント(掛け声)でお出迎え。「Rakuten」のロゴが入った新ユニホームを着ている社員の姿も見られました。選手には花束と、「FCバルセロナ」のユニホームを着た楽天の人気キャラクター「お買いものパンダ」のぬいぐるみがプレゼントされ、ピケからは「家族であるような気持ちになった」と素敵なコメントをいただきました。

126社、記者260名が集まった記者会見には、「FCバルセロナ」の選手4人とマネル・アローヨ副会長、楽天社長の三木谷が登壇しました。ネイマールはファンに2017-2018シーズンの活躍を約束し、メッシとトゥランは国内リーグやチャンピオンズリーグなどのタイトルを勝ち取りたいと熱い意気込みを発表。ピケは三木谷との個人的な親交の話を交えながら、「FCバルセロナ」の価値観と哲学を共にする楽天とのパートナーシップ開始に喜びを表しました。

社員向けに特別に開催された臨時「朝会」(通常、月曜日朝に開催される全社ミーティング)では、スター選手4人が現れた瞬間、会場にいた約2,000人の社員から大歓声が沸き起こりました。臨時「朝会」は、各フロアや30ヶ所ある国内拠点のほか、海外拠点にもビデオ会議システムを介して中継され、約1万人が会場の熱気を目の当たりにしました。

社員からは、「楽天で働いてきた中で、最大の出来事でした!」「メッシとハイタッチができて興奮しました、信じられません!」などの感動の声が多数あがりました。普段サッカーに興味がなかった社員も、このイベントを機にファンになったそうです。

楽天クリムゾンハウスはこの日、来社した選手たちの笑顔と熱いメッセージで興奮に包まれた一日となりました。

現在、楽天クリムゾンハウスの2階エントランスには、UEFAチャンピオンズリーグ優勝トロフィーのレプリカや、2017-2018シーズンから実際に使用されるモデルのベンチ、新ユニホームが展示されています。ベンチに座ると試合の歓声やアンセムが聞こえてくるエンターテイメント性のある展示になっています。どなたでも記念撮影ができるようになってますので、二子玉川にお越しの際はぜひお立ち寄りください!

楽天クリムゾンハウスの2階エントランスに展示されているUEFAチャンピオンズリーグ優勝トロフィーのレプリカと2017-2018シーズンから実際に使用されるモデルのベンチ

楽天クリムゾンハウスの2階エントランスに展示されているUEFAチャンピオンズリーグ優勝トロフィーのレプリカと2017-2018シーズンから実際に使用されるモデルのベンチ