年頭挨拶

世界は、ダイナミックなテクノロジーの進化と社会的変化の中にあり、歴史的にも大きなトランスフォーメーションを迎えています。2023年は私たちにとっても、さらなるイノベーションへのチャレンジが求められる年となるでしょう。

楽天グループは、2022年の年間グローバル流通総額が前年比23%増の33兆円超となり、グローバルメンバーシップも約17億人と成長を続け、世界最大規模のインターネット企業の一つとなっています。売上高・流通総額ともに二桁成長を続ける国内ECなど、引き続きインターネットサービス事業は堅調に推移しています。そしてフィンテックサービス事業においては、とりわけ楽天カード発行枚数、楽天銀行口座数、楽天証券口座数の成長が業界を大きくリードしています。世界的に見ても類のない、独自の楽天エコシステム(経済圏)を通じて、幅広い分野で新しい価値を創出してきました。

このエコシステムはユーザー数や流通総額において、携帯キャリアサービスの「楽天モバイル」とのシナジーにより、急拡大フェーズへと入っています。2023年は、このモバイル事業において、さらなる自社回線エリアの拡大を進め、よりお得で便利で充実したサービスを届けていくことでエコシステムの進化が加速していくでしょう。また、世界に先駆けて実現したエンドツーエンドの「完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワーク」を軸にした、通信プラットフォーム事業の世界展開が本格化する年となるでしょう。

楽天グループは今後も、グローバル イノベーション カンパニーであり続けるというビジョンのもと、楽天エコシステムのさらなる進化、100カ国・地域以上からの多様な人材からなる強い組織とテクノロジーを通じて、社会に新たな価値を届けていきたいと考えています。

私たちはこれまでも未来を見据え、常に挑戦を続けてきました。未来に向けて、イノベーション力とオペレーション力、クリエイティビティを発揮してさらなる成長へと社員一丸となって挑んでまいります。

2023年1月4日
代表取締役会長兼社長
三木谷 浩史

もっと見る

おすすめ記事

Close
Back to top button