埼玉スタジアム2002で行われた「FCバルセロナ」と「チェルシーFC」の日本における初対戦で幕を開けた「Rakuten CUP Supported by スカルプD」。夏の始まりに、多くのサッカーファンを熱くさせたこのサッカーイベントは、ノエビアスタジアム神戸で行われた「ヴィッセル神戸」対「FCバルセロナ」の試合で幕を閉じました。

現在「ヴィッセル神戸」に所属するアンドレス イニエスタ選手、ダビド ビジャ選手、セルジ サンペール選手が古巣と対戦する初の試合ということもあり、世界中の「FCバルセロナ」ファンたちからも注目が集まる一戦となりました。

結果は、2対0で「FCバルセロナ」の勝利。普段はテレビやインターネットでしか見ることができない世界トップレベル選手たちの生のプレーは、日本にいるサポーター、サッカーファンたちに多くの感動を与えました。

“生”で魅せた、ハイレベルな「FCバルセロナ」のボール回し!

試合開始のホイッスルが鳴ると、それまでにこやかだった表情とはうって変わって、本気の様子の「FCバルセロナ」イレブン。

対する「ヴィッセル神戸」。開始4分にイニエスタ選手の放ったミドルシュートが惜しくもゴールならず!この日も冴えていたイニエスタ選手のパスは「FCバルセロナ」守備陣にプレッシャーを与え、数々のチャンスを演出していました。

しかし、観客を魅了した「FCバルセロナ」のハイレベルなボール回しは、対戦する「ヴィッセル神戸」の体力を確実に消耗させていました。

「ヴィッセル神戸」は、きめ細かいパス回しからゴールに何度も迫る「FCバルセロナ」の攻撃を必死のディフェンスで守り切り、前半は0対0で終了。

後半、両チームとも多くの選手を入れ替え、新加入の選手や下部チームである「FCバルセロナB」に所属する選手も登場。そんな中、特に目立った活躍を見せたのは、FWのカルラス ペレス選手でした。

「FCバルセロナB」に所属する21才のぺレス選手。59分にはゴール前でマウコム選手との絶妙な連携で1点を決めると、86分にも左サイドでクロスボールを受け、2点目のゴール。試合はそのまま2-0で「FCバルセロナ」の勝利で終了しました。

試合後、旧友たちとの健闘をたたえあうイニエスタ選手。90分の試合はあっという間に過ぎ、会場のファンは「生」で見ることができた「FCバルセロナ」の試合の感動に浸っている様子でした。

強まるパートナーシップ

同日、試合前には楽天ヴィッセル神戸株式会社の代表取締役会長である三木谷 浩史と「FCバルセロナ」のジョゼップ マリア バルトメウ会長が記者会見に登壇し、「ヴィッセル神戸」と「FCバルセロナ」の2クラブ間の連携に関する合意を発表しました。

親会社の楽天と「FCバルセロナ」とのパートナーシップを通して関係が強まる両クラブの合意には以下のような要素が盛り込まれています。(HPより抜粋

・クラブ間の人材交流事業

・クラブ間のアカデミー選手の相互派遣

・スカウティングノウハウの共有、FCバルセロナ及びヴィッセル神戸のスカウティングデータベースへの相互アクセス

・各クラブにおけるブランド力向上に関する相互パートナーシップ

バルトメウ会長は、2クラブの関係を“兄弟クラブ”と表現し、この連携により、今後一層関係が深まることが期待されると述べました。

そしてこの日、もう一つのニュースが!

ベルギー代表のトーマス フェルマーレン選手の「ヴィッセル神戸」への加入が発表されたのです!

33才のフェルマーレン選手は、昨シーズンまで所属していた「FCバルセロナ」ではイニエスタ選手とセルジ サンペール選手の元チームメイトで、2014年まで在籍していた「アーセナルFC」では、現在「ヴィッセル神戸」に所属するルーカス ポドルスキ選手のチームメイトでした。

フェルマーレン選手は、かつてヨーロッパでプレーをともにしていた選手たちと再会できるチームに加入したことについて、「チームをよくするために頑張っていきたいと思います。私のベストを尽くしていきたいと思います」と意気込みを語りました。

試合前から大賑わいだったノエビアスタジアム神戸!

試合前には、両チームのグッズショップやイベントブースが並ぶスタジアム周辺でも、この日の試合を楽しみにしてきた大勢のサッカーファンの姿を見ることができました。

「バルサ ウルトラ」と自信のことを語るのは、一目でクラブ愛が伝わる”やまちゃん”さん。

試合前に「スーパースターが数多く所属する『FCバルセロナ』の試合を見れるなんて夢のようです」と試合前にコメントし、イニエスタ選手と古巣チームとの対戦をとても楽しみにされていました。

3世帯で試合観戦にこられた、全員「ヴィッセル神戸」ファンのご家族。歴史的な一戦に感激しながら、「ヴィッセル神戸」のゴールを楽しみにされていました。娘さんはこの日が2回目のサッカー観戦でしたが、その観戦デビューは、イニエスタ選手の同クラブデビューと同日なのだそう!


初の開催となった「Rakuten CUP Supported by スカルプD」。全国から、埼玉と神戸に足を運んでいただいた大勢のサッカーファンの皆様とともに、サッカーの楽しさ、感動を分かち合うことができ、無事終了しました。

今後の継続を望む声も多く、次回の開催にも期待が高まっています!