いよいよ明日より、「Rakuten CUP Supported by スカルプD」が始まります!スペインの名門クラブ「FCバルセロナ」とイングランド・プレミアリーグの「チェルシーFC」が7月23日に埼玉スタジアム2002で対戦し、7月27日にはノエビアスタジアム神戸で「FCバルセロナ」と「ヴィッセル神戸」が対戦します。

日本で「FCバルセロナ」と「チェルシーFC」が対戦するのは初ということ、また、「ヴィッセル神戸」のアンドレス イニエスタ選手、ダビド ビジャ選手、セルジ サンペール選手にとっては古巣との対戦となることもあり、両試合とも日本のみならず海外からも注目を集めています。

2017年7月から「FCバルセロナ」のパートナーとなっている楽天。その一環として開催する「Rakuten CUP」を通じて、日本のサッカーレベルや存在感を世界に広げるとともに、日本サッカー界を担う次世代の若手選手たちに良い刺激となることを期待しています。

昨晩は「Rakuten CUP」の開催を記念したレセプションパーティーを開き、来日を果たした2チームの会長と監督、「FCバルセロナ」の日本遠征メンバー、そして楽天の代表取締役会長兼社長 三木谷 浩史が登壇しました。

「Rakuten CUP」開催を祝して三木谷は、「 楽天は、『FCバルセロナ』の『グローバルイノベーション パートナー』として、様々なプロジェクトを手がけております。この『Rakuten CUP』もその一環です。『FCバルセロナ』と『チェルシーFC』が 日本の『埼玉スタジアム2002』で 戦うエキサイティングな試合が23日に行われます。27日には、『ノエビアスタジアム神戸』において、イニエスタ選手が所属する『ヴィッセル神戸』がバルサと対戦するという一戦となり、私もドキドキしています。日本中が盛り上がっていくことを期待しています 」と述べました。

「Rakuten CUP」トロフィーの前で!

「FCバルセロナ」のエルネスト バルベルデ監督(上記写真右から2番目)は、「バルサというチームは常に勝利を期待されるチームです。どこでプレーしようとも、私たちのプレーは勝利することを目指しています。プレシーズンマッチを日本でできること、そして日本のファンの温かい歓迎に感謝しています」と試合への意気込みを語りました。

対する「チェルシーFC」のフランク ランパード監督(同写真左から2番目)は、「チェルシーとバルサは過去に数々の熱戦を繰り広げていて、良い思い出も、悔しい思い出もあります。バルサは常に尊敬するチームであり、今回日本で対戦することで、私たちがさらに良いチームになることを期待しています」とコメント。日本のサッカーファンの前で、熱い試合が期待できそうです!

三木谷との親交も深いジェラルド ピケ選手(上記写真中央)も、キャプテンであるセルヒオ ブスケッツ選手(同写真左)、セルジ ロベルト選手(同写真右)とともに登壇。ピケ選手は再度の来日を喜びつつ「神戸での試合を楽しみにしています」と話し、ロベルト選手も元チームメートであり現在は『チェルシーFC』に所属するペドロ選手との対戦を楽しみにしているとのことでした。

同日に日本に到着した選手陣。空港では多くのファンに囲まれ、熱い歓迎を受けました。「FCバルセロナ」の豪華メンバーが勢ぞろい。メンバーには、7月15日にバルセロナに新しく加入した安部 裕葵選手も!

いよいよ「Rakuten CUP」、 始まります!!


「Rakuten CUP Supported by スカルプD」
7月23日(火):「FCバルセロナ」対「チェルシーFC」
開場 16:30 / KICK OFF 19:30(会場「埼玉スタジアム2002」)
7月27日(土):「FCバルセロナ」対「ヴィッセル神戸」
開場15:00 / KICK OFF 18:00(会場「ノエビアスタジアム神戸」)


試合の生中継は「Rakuten TV」でもご覧いただけます。以下リンクをご参照ください。
「Rakuten TV」

https://tv.rakuten.co.jp/static/cpn/rakutencup2019/?l-id=home_unit03_01?l-id=0