2018年5月19日、千葉・幕張メッセにて、「Rakuten GirlsAward 2018 SPRING/SUMMER」が開催されました。

GirlsAward」は、日本のカルチャーを世界に広める目的で毎年春と秋に開催される、日本最大級のファッションおよび音楽イベントです。楽天は2017年の秋より本イベントのメインスポンサーになりました。より多くの人に楽しんでもらえる体験イベントへと進化させるため、ランウェイでモデルたちが着こなした最新のアイテムを「楽天市場」の特設サイト内でリアルタイムに購入できる施策や出店している店舗様のブース出展など、リアルとオンラインを組み合わせた様々なサービスを提供しています。

本記事では、そんな活気溢れるイベントの様子を写真とともにご紹介します。


会場の入り口に到着するとまず目に入るのが、今回のイベントテーマである「MATSURI JYOSHI」をイメージした大きな看板。日本のお祭りを彷彿とさせるキービジュアルは、伝統的な図案文字“江戸文字”とアルファベットを組み合わせるなどして、漢字のように表現した“Kanji-Graphy/カンジグラフィ“で有名な日本人アーティスト“sneakerwolf/MOTOKI TAKENAKA”が手がけています。

開場時から入場ゲートは多くの人で賑わいますが、「楽天カード」をお持ちの方は特別レーンから入場することができます。

内に入ると、「楽天市場」に出店している店舗様をはじめ様々なブースが出展され、多くのお客様で賑わっていました。

前回に引き続き登場した「お買いものパンダ」のフォトスポット!今回は、イベントテーマの「MATSURI JYOSHI」に合わせてねじりハチマキにハッピスタイル。「かわいい!」という声とともに、みなさまに撮影を楽しんでいただきました。

「楽天カード」をお持ちの方に使用いただける楽天カード会員様専用ラウンジも大盛況。ここにも「お買いものパンダ」&「小パンダ」のフォトスポットが!ラウンジでは、休憩はもちろん、ランチボックスやドリンクの提供やヘアメイク・マッサージ・占いを受けられるコーナーもすべて無料で用意されていました。

そして、メインイベントはランウェイに登場した数々のアーティストたちによるパフォーマンス!10~20代の女性に大人気のモデル、アーティストたちが会場中を熱狂させました。豪華アーティストたちによるキラキラした雰囲気の中、「楽天モバイル」のCMでもおなじみの大人気カリスマモデルのローラさんが楽天の動画配信サービス「Rakuten TV」のステージを盛り上げました。

「Rakuten TV」が、NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)の定額見放題サービス「Rakuten NBA Special」を配信していることから、本ステージではローラさんとNBA公認アンバサダーとして活動する「Rakuten NBA 32」のメンバーがランウェイに登場しました。

 

続いて、有名ブランドのアイテムを販売する専門サイト「楽天ブランドアベニュー」のステージ。こちらのステージでは、モデルや女優として活躍する中村アンさんが登場し、ステージを沸かせました。「楽天ブランドアベニュー」では当日のショーの様子をライブ配信し、ステージでモデルが着用していたコーディネートをリアルタイムで購入できる特設ページも開設していました。

また、会場ブースには楽天技術研究所が開発した「デジタルクローゼット」と呼ばれるデジタルサイネージも設置されていました。

QRコードを読み込むことで手元のスマートフォンが「デジタルクローゼット」のコントローラーとしての機能を果たします。そして、「デジタルクローゼット」に表示されている商品を選択すると、その商品の情報が自身のスマートフォンに届く仕組みが!まさに「楽天市場」が掲げる”ショッピング・イズ・エンターテインメント”という言葉を体現する試みとなりました。

イベント中には、次回2018年9月16日の、「Rakuten GirlsAward 2018 AUTUMN/WINTER」の開催も発表されました。楽天は今後も多くの方々に楽しんで使っていただけるサービスや企画を提供してまいります。ぜひ、みなさまも体験してみてください!