2017年も年の瀬になりました。日本のお正月と言えば、やっぱりおせち料理。いろいろな趣向を凝らしたおせち料理も珍しくなくなってきましたが、ペット向けのおせちもあることをご存知でしょうか?

飼い主とペットが一緒に食べられる食品のことを、「コミュニケーションフード(コミフ)」と言うそうです。愛犬の誕生日を祝うケーキやスイーツ、お正月のおせちなど、ペットの食べるものが人の食事と同じように作られ、食を通してペットとのコミュニケーションを深める方が増えているそうです。

2億点以上の商品を取り扱う「楽天市場」で、「おせち」「ペット」と検索してみると、犬向けや猫向けといったペット用おせちがたくさん検索結果に出てきます。おせちの具材には無添加、無農薬の野菜やお肉、鯛やうなぎなどの高級魚、丹波の黒豆など各地の名産品が使われ、ペットの健康にも配慮して作られており、人間のおせちにも負けない豪華さです。

検索結果画面1a

「おせち」「犬」といったキーワードで検索した検索結果画面(一部)

2万円を超えるペット用高級おせちも!

犬用おせちは数千円から販売されています。「楽天市場」で無添加ドッグフードとペット用サプリメントなどを販売する「帝塚山ハウンドカム」の犬用「本格おせち 贅沢和洋3段」はなんと、2万円!鯛の焼物や国産黒毛和牛のローストビーフ、紅白なますや黒豆煮に赤飯、イチゴのムースなど、26種が三段重箱に並びます。

「ペット用おせちは数年前からあります」と話すのは、「楽天市場」で消費動向や様々なデータを研究し、数々の流行を予測してきた“トレンドハンター”の清水。「飼い主の間では、『ペットも家族の一員』と考える傾向がこの数年、非常に強くなってきています。人間のおせちも、一人用や子ども用というのも出てきているので、ペット用もそういった流れを汲んでいるのかと思います。特に来年は戌年なので、そういった傾向があるのかもしれませんね」

戌年の元旦にワンちゃんとおせちを食べれば、縁起の良い一年になるかもしれません!ペットとの生活がより楽しくなる新しいライフスタイルや新しい体験をもたらすアイテムを「楽天市場」で探してみませんか?