楽天市場」に出店する全国各地の人気グルメ店舗様が名古屋に集結する「楽天うまいもの大会」がパワーアップして今年も名古屋で開催されました!例年秋に「ジェイアール名古屋タカシマヤ」にて開催される、年に1度のグルメのお祭り。会場内は多くのお客様の熱気につつまれ、人だかりで前が見えなくなるほど大盛況となりました!

今回は人気75店舗様が参加し、会場に取り揃えられた品数は約1,000商品にも上りました。会場でしか食べられない商品もあることから、朝10時のオープン時からお目当ての商品を購入しに並びにいらっしゃるお客様も多く、その長蛇の列は毎年恒例の光景となっています。

 

店舗様同士、そしてお客様とのつながりを大事に

「楽天うまいもの大会」は、「楽天市場」の店舗様が普段インターネット上では顔を合わせることのないお客様とのリアルの場におけるコミュニケーションを通じて、新たな発見や感想を直接得ることができるイベントともなっています。第1回開催当時から、店舗様同士の繋がりを生み出すために、参加するすべての店舗様とスタッフが「ワンチーム」で運営できる環境をつくっています。イベント期間中には、店舗様同士の絆を深めるための反省会なども行われており、お互いに切磋琢磨して販売活動をしていることが最大の特徴となっています。

なかには、大会のためだけに他店舗とのコラボ商品を企画する店舗様もいらっしゃいます。自社の強み同士を掛け合わせた商品をお客様に提供するために、幾度も試作品を作り、互いに納得がいくまで突き詰め合う。そんな協働プロジェクトや、開催毎のテーマを題材にした商品が毎年発表されています。

 

コラボ商品&第7回オリジナルメニュー!

(1)パティスリー銀座千疋屋の「7種のフルーツオムレット」(2)味噌煎餅本舗 井之廣の「味噌煎餅7種入り福袋」(3)おいもやの「干し芋ショコラ(カカオ・抹茶)」(4)ピザ・プティギャルソンの「7色の彩野菜のレインボーピザ」(5)たまごボーロ専門店LeCocoの「レインボーロ」(6)神戸牛専門店 辰屋の「神戸牛と7種の秋野菜グリル弁当」(7)王府井の「7種の焼小龍包」(島の人礼文島本店、肉のいとう、OH!GLE、水郷のとりやさん4店舗とのコラボ商品)(8)築地料亭 竹若の「築地わくわく丼」

7回目の開催となる今回、会場限定品や先行販売品の数は過去最多の62品となりました。なかでも第7回開催にちなみ、インスタ映えの7色カラフル・レインボー商品が注目の的に! 色鮮やかな7色のレインボースイーツや、7種盛りの惣菜やスイーツ商品が会場のお客様の食欲を大いに刺激していました。

 

エリアごとにオリジナル「お買いものパンダステッカー」がもらえる会場レイアウト

7種のオリジナルステッカーとエリア分けされた会場地図

出店数75店舗がひしめき合い賑わう会場でお客様にできるだけ多くの店舗様と接していただきたいという思いから、「お買いものパンダステッカー」の買い回り施策を新たに取り入れました。オリジナル「お買いものパンダステッカー」(全7種)は、第7回開催の「楽天うまいもの大会」にちなんで、会場内7エリアごとに異なる柄のステッカーを配布しました。お客様には楽しみながら会場内を周り、より多くの店舗様を見ていただくことができました。


AI
技術を使ったクーポンキャンペーン、「みんなのUM“AI”クーポン」

(左上)サイネージの前で写真を撮ると・・・(右下)お客様用クーポンがプリントアウトされます(右)スタッフも撮影、おそば屋さんのクーポンをゲット!

また、会場内には「楽天技術研究所」が開発した、AI(人工知能)が搭載されたデジタルサイネージ「UM“AI”クーポン」ブースが設けられました。こちらのブースでは、お客様にAI(人工知能)によって分析された年齢・性別・表情から会場内のおすすめ商品を提案しました。さらに、お客様にAIがおすすめした店舗様商品を背景に好きなポーズで写真撮影をしていただき、記念写真をその場で印刷してプレゼント。お友達、ご家族、カップルなど幅広い年齢層のお客様に好評のコーナーとなりました。

印刷された写真の裏面には、「楽天うまいもの大会」に出店いただいた店舗様の商品でご利用いただけるWEBクーポンが添付されており、多くの店舗様とお客様を結ぶ機会を創出することに役立ちました。

 

店舗様、お客様、楽天市場の絆を深めていく

「楽天うまいもの大会」は年々進化を遂げていますが、毎年パワーアップする中でも必ず変わらないことは「店舗様同士の絆」がどんどん強まっていることです。店舗様からは、「毎年、『楽天うまいもの大会』を楽しみにしています。他の店舗様にお会いできることが刺激になるので、毎年この1週間を楽しく過ごしています」という声を多くいただいています。

毎年、怒涛の1週間となりますが、やはり運営スタッフや店舗様たちが毎日頑張ることができるのは、そこにお客様の笑顔や新しく生まれる絆があるからです。

「楽天市場」は引き続き新たなコミュニティが生まれるような様々なイベントを企画してまいります。

 

【第7回「楽天うまいもの大会」ページ】

URL: https://event.rakuten.co.jp/food/umaimono/