毎年恒例の「楽天テクノロジーカンファレンス」が、10月 28日に、楽天本社(楽天クリムゾンハウス)で開催されました。

今年で11回目を迎えた今回のテーマは、「Head, Hands and Heart」。ビッグデータ、データサイエンスやAIの分野を「Head」、開発、プログラミング手法、IoTやロボットなどの分野を「Hands」、そしてその二つをつなげる分野を「Heart」というコンセプトで表現しました。

3つのコンセプトを基に構成されたイベントには、世界各地から約70人のスピーカーが登壇し、1100人以上の方にご参加いただきました。AIから量子コンピューター、ブロックチェーンや機械学習、DevOpsまで、様々な分野における著名人や研究家が集まり最先端の研究を紹介。子ども連れの参加者もみられました。子どもを対象とした「テックファミリーパーク」では、自作プログラミングロボット、子ども向けのプログラミング・ワークショップ、電子工作、知育玩具などがスタッフにより紹介され、子どもから大人までたくさんの人に楽しんでいただきました。

イベント当日の模様は、上のフォトギャラリーからご覧いただけます。